業務効率アップをするには人事労務管理システムを採用しよう

SITEMAP

オフィス

効率化したい人事労務管理業務内容に合うシステムを導入しよう

悩む男性

従業員の数が増えてくると、彼らのそれぞれの専門業務に関する教育研修で忙しくなりますが、それに加えて、人事や労務管理関連の業務も人数分増加します。その分、人事や研修担当のスタッフを増員すべきかどうか判断に迷うところかもしれません。というのも、増えた業務を片付けるのに追加の人手が要ることは確かでも、いわゆるバックオフィススタッフの採用は直接的に会社の利益向上につながらないことから、慎重に考える必要があるからです。
そのような状況なら、まずは業務処理手順を見直しして、効率化が出来ないかどうかを検討しましょう。特に、マニュアル式で処理している人事労務管理関連の事務的な業務は、人事労務管理システムを導入して電子処理による一元管理に切り替えるだけで、手順の簡素化、ひいては大幅な時短が可能になります。システム導入にあたっては、この分野でも様々なシステムが開発されているため、自社で効率化したい業務内容にマッチしたものを選ぶ必要があります。特におすすめなのは、広い範囲の人事労務管理業務を一元的に管理できるシステムです。こうしたタイプのものであれば、企業で通常処理されている労務管理や人事関連業務を殆ど網羅してくれていますし、効率化が課題となっている諸業務全てについて一つのシステムで対応可能だからです。

増員前の準備として人事労務管理システム導入で業務効率化を図ろう

事業が順調に発展して来たら、段階的に人を増やして今後の更なる成長に備えていく必要があります。人が増えると、研修体制の整備やキャリアパスの構築等、リクルーティングから採用後のケアまで一貫性のあるワークフローを作る必要がありますが、その一環として対応を忘れてはならないのが、人事労務管理業務の効率化です。
人事や労務管理業務は、カバーしている業務内容が非常に幅広く、その中に、人育ての根幹になるトレーニングやメンタリング、コーチングといった業務と、事務的な処理に該当する業務が混在しています。ありがちなのは、人が増えるに伴い事務処理業務が膨大になり、時間がないという理由で肝心の人育てがおろそかにされてしまうことです。この点、人事労務管理システムを導入して事務系業務を効率化すれば、このような本末転倒も避けることが出来るでしょう。
また、システム導入によって業務手順をペーパーレス化すると、業務効率化が出来るのに加え、コスト削減の面でもメリットがあります。印刷に使う消耗品、例えば、コピー用紙やプリンターのトナー等にかかる費用を減らせますし、プリントアウトした書類を整理保管するフォルダーのような事務用品のコストも削減できて、好都合です。

非効率な業務処理手順の見直しができる人事労務管理システム

業務手順とアウトプットの品質レベルには、概ね相関があると考えられます。手順が十分に丁寧であれば、その手順で処理される業務そのものや成果物の品質レベルは総じて高いものです。しかし、中には、業務手順を思い切り簡素化したところで、品質レベルに全く負の影響が出ないばかりか、却って品質が向上する場合さえあります。人事や労務管理業務もそうしたことが起こりがちな仕事の一つです。例えば、人事・労務管理関連の業務を、会社規定のフォームを使って、申請者、確認・承認者間で時間と手間をかけてやり取りしている会社は少なくありません。しかし、人事労務管理システムを導入して、これをシステム内での電子処理に切り替えたところで、申請内容の伝達、確認・承認した旨の通知という結果に、何ら変わりはありません。それどころか、手順がシンプルになることで、記入する書式を間違えたり、記入の仕方や記入内容について勘違いして作成し直しになるといった業務品質の低下も、予め防ぐことが出来ます。そして、システム導入に伴いよりシンプルな手順になったおかげで、業務処理に要する時間も大幅に減らすことが出来、業務効率化の面で、会社として大きな進歩を達成できるでしょう。

スーツの女性

複合的なメリットをもたらす人事労務管理システム導入による効率化

人事労務管理システムを導入すると、このエリアの業務の大半を電子的に処理できるようになり、業務を極めて効果的に効率化することが可能です。この効率化によって企業にもたらされるメリットは複合的で、非常に有益なものばかりですので、是非、導入を前向きに検討することをおすすめします。例えば、人事業務や労務管理業務に対応するために必要な時間が大幅に減るため、人事スタッフにしてもマネジメント職スタッフにしても、より重要性の高い業務に多くの時間を割り当てることができます。これによって、営業活動や、開…

Press Release